詳細はこちら

株式発行はもう古い?ICOという新しい資金調達の在り方



こんにちは!コンサルタントのIです。

皆さんは、最近話題になっている「ICO」という言葉をご存知でしょうか?

 

ICOとは「Initial Coin Offering(新規仮想通貨公開)」の略で、簡単に言うと、これまで企業が資金調達を行う際に、株式を証券取引所を通して発行し投資家に株式を購入してもらうことで資金を調達していたものを、証券取引所を通さず、仮想通貨の発行によって資金を調達することを指します。

 

仮想通貨とは、ビットコインに代表されるような、実体をもたない数字としてWEBネットワーク上に存在する通貨のことで、「コイン」や「トークン」という呼ばれ方をされています。

 

ICOのメリット

 

一般的に、企業もしくは事業プロジェクトが資金調達を行う場合、銀行などの金融機関からの借り入れを行う(デット・ファイナンス)、もしくは新株を発行して出資してもらう(エクイティ・ファイナンス)のいずれかの方法がありました。

 

しかし、信用力がなかったり与信能力が低かったりする新興企業が、デットファイナンス/エクイティファイナンスで資金調達すると、借入利率が高くなったり、十分な資金が調達できなかったりするという課題がありました。

 

それに対してICOは、こうした課題を抱えることなく、比較的簡単に資金調達が行えます。ICOを発行する企業のメリットは、以下の通りです。

 

1、集めた資金は配当を支払う必要がない
2、集めた資金に株式(会社の所有権)を発行する必要がない
3、利子の支払いがない
4、投資対象となる事業の価値を投資家に提示する必要がない
5、ネットを利用してグローバルなマーケットを相手に資金調達できる
6、小さなベンチャー企業や個人でも利用が可能
7、支払いは仮想通貨の為、インターネット上のウォレットで払い込みが完結

 

また、投資家側からのメリットは下記のようなものがあります。
(1)小額からの資金提供ができる(1コイン以下の取引も可能)
(2)購入したトークンやコインをインターネット上でいつでも転売可能(一部、仮想通貨保有期間に制限があるICOあり)

 

数年前から海外ではICO案件が始まり、最近では海外のICO市場はとてつもなく活発化してきました。

また、ICOプロジェクトは、従来の株式公開(IPO)よりも格段にハードルが低い為、中には詐欺まがいのプロジェクトも横行しており、玉石混交の状態となっております。

さらに、ICO仮想通貨の発行には、ブロックチェーンという仕組みのプラットフォーム上に自社の仮想通貨を紐付け、通貨発行や通貨のやり取りの情報を制御するという、IPOとは違う側面での技術的なハードルがありました。

 

このような、ICOプロジェクトの不透明性や技術上のハードルを一挙に引き受け、企業のICO参入障壁を取り払う画期的なサービスが今月(2017年10月)に立ち上げられました。

 

それが「COMSA(コムサ)」というサービスです。

 

COMSAの由来は、コンピュータの「COM(コム)」とブロックチェーンで想起される「鎖」の音読みである「サ」を掛け合わせた造語です。

 

COMSAの詳しい説明については、公式サイトをご覧ください。

https://comsa.io/ja/features

 

COMSAに上場協議中の株式会社プレミアムウォーターホールディングスはICO上場への期待感から、株価を大幅に上昇させました。

 

今後のICO市場の動向に期待が集まります。

 

*********************************************
開設8周年 登記法人2000社以上
会社設立代行、法人登記代行はお任せ
ください。
起業相談ドットコム
http://www.kigyosodan.com/
TEL 0120-955-690
運営 株式会社FISソリューションズ
東京都千代田区神田錦町3-26
*********************************************

同じカテゴリーの人気の投稿

無料相談はこちら

メールでお問い合わせ