詳細はこちら

生命保険(法人契約)について



 

 

起業コンサルタントのSです。

 

今回は生命保険(法人契約)についてお話してみたいと思います。

 

 

既に活用されている経営者の方もいるかもしれませんが、「節税」を目的に生命保険を活用しているという例は少なくありません。それは、保険料の全部または一部を損金として算入して、節税ができるというのが生命保険のメリットの一つだからです。また、売り手側も生命保険を「節税商品」として営業するパターンも多いため、生命保険=節税という認識になりがちです。

 

 

しかし、生命保険が経営者にもたらすメリットは他にもあります。そもそも、「保険」とはもしもの時の備えです。経営者は日々あらゆるリスクを想定しています。売り上げの確保、資金繰り、会社の存続、借り入れなどがその代表的な例です。そうした様々なリスクへの対策として生命保険の活用が有効になります。

 

 

 

メリット1:節税対策

 

 

最初に述べた生命保険がもたらす一般的なメリットです。法人契約にすることで保険料が経費として認められます。保険料を損金にできるので、利益が圧縮され、結果として納税額を抑える効果が期待できます。この節税効果を利用して退職金の資金準備やもしものときに備える事業保障資金の資金準備が可能となります。

 

 

 

メリット2:資金調達

 

 

節税の話題ばかり出してきましたが、会社経営は一筋縄でいくものではありません。継続的に利益を出し続けている会社は節税をメインで考えても良いのでしょうが、世の中そういった会社ばかりではないのが現実です。ここで話すのは会社が困っている場合に有効な活用方法です。

 

 

先に述べた「事業保障資金」を例にします。

 

 

会社経営には様々なリスクが潜んでいます。予定されていた入金が計画通りに支払われなかったことによる運転資金の不足、予期せぬ事態が発生し緊急に資金が必要、経営者自身のケガ・病気・死亡などなど。そのような事態が起きた時でも不安なく経営が継続できるリスクヘッジとしても生命保険が活躍します。

 

 

保険の法人契約も個人契約と同様に解約返戻金が発生するタイプのものは、利息負担はあるものの、契約者貸し付け制度を利用することができます。貸付額は保険会社・保険商品によっての違いがありますが借入時の8割~9割を上限として保険会社からの借り入れが可能となっています。審査などの面倒な手続きもないので容易に資金調達を図ることができるのはメリットの一つといえます。

 

 

 

上記のように生命保険が会社、経営者にもたらすメリットは大きく、上手に活用することができれば会社にとっての頑丈な盾になります。

 

 

是非、経営者として保険がもたらすメリットを最大限活用していただきたいと思います。

 

*********************************************
開設8周年 登記法人2000社以上
会社設立代行、法人登記代行はお任せ
ください。
起業相談ドットコム
http://www.kigyosodan.com/
TEL 0120-955-690
運営 株式会社FISソリューションズ
東京都千代田区神田錦町3-26
*********************************************

 

同じカテゴリーの人気の投稿

無料相談はこちら

メールでお問い合わせ