詳細はこちら

経営革新

management innovation

 

起業相談ドットコム、企業コンサルタントのKです。

今回は、「経営革新」についてです。

経営革新と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?

私は初めて経営革新という言葉を知った時は、

「今まで誰も思いつかなくて、どこもやったことがない、
とても斬新で想像もできないような画期的なアイディアを
見つけてそれを実行すること!」

と思っていました。(笑)

こんな難しいイメージを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、

しっかり概要さえ知っていれば大げさに考える必要はありません。

経営革新とは「環境の変化に積極的に対応をしていくこと」

すなわち、新事業を始めるということです。

今回、お話をしたいのはこの経営革新の「支援」についてです。

現在、「中小企業経営力強化支援法」というものが施行され、
中小企業に対し、支援事業を行う制度が創設されました。

新事業活動とは下記の4つの項目となっております。

1:新製品の開発、または生産
2:新役務の開発、または提供
3:商品の新たな生産または販売の方式の導入
4:役務の新たな提供の方式の導入その他の新たな事業活動

となります。

ちょっと難しい言葉なので簡単に言うと

「新しいサービスの開発や提供や方式であることや、
商品は新しくはなくても生産の仕方や販売方法が新しいものであること。」

ということになります。

ポイントは、その企業にとって「新たな事業活動」であれば、
既に他社において採用されている技術、方式を活用する場合でも原則としては
問題はないということ。承認の対象になります。

しかし、多くの中小企業さんはこの支援制度を扱っていないケースが多いのです。
その理由は、、

①実際には今の状況から何をどうすれば新しくなるのかわからない。
②申請や手続き等が中小企業にとって通常の業務に追われてしまい時間を割くことができない。
③自分で調べてみたものの分からないので結局あきらめてしまう。
④書類の不備や不足によって再提出を繰り返したりすることで結局受給できないのではないか。

上記のようなケースで支援を活用できないのは非常にもったいないです。

自分の会社が支援できるのか、実際にどれくらい受給されるのか、
そもそも何から始めればいいのか。

もし興味がありましたらぜひ弊社にお問い合わせください。

 

*********************************************
開設8周年 登記法人2000社以上
会社設立代行、法人登記代行はお任せ
ください。
起業相談ドットコム
http://www.kigyosodan.com/
TEL 0120-955-690
運営 株式会社FISソリューションズ
東京都千代田区神田錦町3-26
*********************************************

同じカテゴリーの人気の投稿

無料相談はこちら

メールでお問い合わせ