起業を考えている女性の方へ

日本政策金融公庫総合研究所が2016年1月19日に発表した『2015年度新規開業実態調査』によると、1999年度の新規開業者のうち、男性の占める割合は87.5%であったのに対し、女性の占める割合は僅か12.5%であったそうです。

そして、2000年代に入ってから女性の割合は徐々に高まっていて、2015年度ではその割合は17.0%となりました。(参考資料URL︓https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_160119_1.pdf)現在の日本社会においては、圧倒的に男性経営者が多い環境において、女性にとっての起業は難しいと感じる方も多いかも知れません。しかし、女性ならではの強みや特長を活かした起業スタイルや、女性だからこそ享受できるメリットも存在します。

そこで今回は、『女性ならではの強みと起業スタイル』『女性が起業する5つのメリット』を紹介していきます。

女性ならではの強みと企業スタイル

成功している女性起業の特徴とは

成功している女性起業(特徴)のイメージ画像

当社サービス「起業相談.com」では、累計で2,000社以上の会社設立をお手伝いしてきました。その中で女性起業家との出会いも多くあります。そして女性起業家の方で成功している方々の多くは、ある特徴があります。

それは、「女性ならではの強み」を活かしたビジネスを展開している事です。

たとえば、介護、美容、ウェディング、女性用下着、フラワーアレンジメント。一般企業の案内受付では女性が多いのはなぜでしょうか? テレフォンアポインターも圧倒的に女性が多いです。

実はどれも男性では強みが活かしにくい業界なのです。

女性にしか分からないことが多かったり、女性ならではの細やかな心配りが活かせたり、女性が接客した方が信頼が得られやすいなどの利点があります。

もちろん、これ以外の業界でも活躍している女性はいますが、成功しやすいという点においては、女性であること自身が「強み」となっている業種を選ぶのも、確実な成功への道の一つだと思います。

当社サービス「起業相談.com」では、あなたのビジネスの「強み」を引き出すお手伝いをさせていただきます。

女性ならではの起業スタイルと「プチ起業」

「プチ起業」とは、企業に雇用されない自由なライフスタイルと、既存の概念にとらわれない自由な発想で展開する、従来の起業とは異なるタイプの働き方です。

例えば、子育てがひと段落ついたママや、主婦が家事の空いた時間に、自宅などで「趣味」や「好き」を仕事にする。近年、この「プチ起業」という働き方を選ぶ女性が増えています。

●特徴

収入を得ることにとどまらず、事業に意義や自己実現、地域共生などを求めるのが「プチ起業」の大きな特徴の1つです。家事や育児と両立しながら無理なく続けていける範囲で仕事を始めることです。

●プチ起業の種類
  • ハンドクラフト系アクセサリー販売など(実店舗/ネットショップ)
  • コーチング/カウンセリングなどでお悩み相談など
  • カルチャースクールなど

当社サービス「起業相談.com」では、「あなたらしいスタイル」の起業をお手伝いさせていただきます

女性が起業する5つのメリット&デメリット

メリット:1

年齢や場所、子供やキャリアに関係なく働ける

年齢や場所、子供やキャリアといった、普段働く仕事ではネックになる部分も比較的関係なく働ける点です。ネットやメール、SNSなどを活用して仕事をしたり、自宅を利用して教室やサロンを開いたり。育児中の人や、長く専業主婦だった人でも、アイディア次第で様々な形の起業が可能です。

メリット:2

女性限定の支援策がある

中小企業庁や、日本政策金融公庫などによる女性のみを対象とした支援策があります。「創業支援」や「情報適用・相談支援」はほとんどの女性の方が利用できるので、上手に活用していきましょう。

メリット:3

小規模で起業を始め、自分のペースで広げられる

女性の起業パターンとしては、家事と両立しながら小規模に起業する傾向があります(プチ起業)。

配偶者のいる女性起業家は、家計を全て担う必要がないため、このような傾向が強くなり、また開業費用も少額で済むため、起業準備段階において直面する課題(リスク)が相対的に少ないと考えることができます。

メリット:4

社会参加をすることで必要とされている満足感を得られる

専業主婦や子育て中の女性の中には「孤独感」「社会との繋がりが欲しい」と真剣に悩んでいる方が多くいます。起業することで、仕事の仲間やお客様との繋がりができるばかりでなく、自分が必要とされているという満足感と自信を持つことができます。

メリット:5

次の女性へのロールモデルになる

起業家として活躍する女性の姿は、取引先や友人、あるいは家族、起業を館上げている周りの女性たちにとって、大切なロールモデルになります。

起業することのデメリット

起業をすることに、全くリスクがないわけではありません。何をするにたいしても多少のリスクは付いてきます。

例えば、「公私混同してしまう人が多い」「時間配分ができず家庭との両立が厳い」「認知してもらうまでに時間がかかる」など、必ずリスクもあることを常に認識している必要があります。

起業相談.comは女性起業家を応援します!

自分らしくイキイキと輝く!「女性」を応援しています。

女性起業家を応援するイメージ図

起業をしたいけどどうすればいいかわからない、起業をしたけどうまくいかない・・・。

こんなお悩みを持たれている方はいませんか?

家族には相談しにくい

士業などの専門家に相談するのは敷居が高くて行き難い

そんなお悩みを持っている、起業を考えている女性の様々なチャレンジを応援します。

当社の専門アドバイザーがキャリアカウンセリングをはじめ、あなたにあったアドバイスや情報提供を行います。また、プランディングから融資のお手伝い、設立後のお悩み相談まで、どうぞお気軽にご相談ください。

起業相談.com は、女性起業家を全力でバックアップ致します!

無料相談はこちら

メールでお問い合わせ